Bitmap Phaze2|パーセル分割

Bitmap

ビットマップのパーセル分割

ビットマップとは、ビットコインチェーンのブロックの所有権をクレームする拡張子です。

このブロックの中には、いくつかのパーセルというトランザクションのブロックが存在しています。

今回ビットマッププロジェクトのフェーズ2として、2023年7月19日に、このブロックからパーセルを切り離すクレームである「パーセル分割」が実施されました。

パーセルの書き込み

パーセルの書き込みは、2023年7月現在で、公式Bappsから書き込みインスクライブができます。

右がビットマップで、左がビットマップ内のパーセルです。

初期のブロックは、パーセルが数個〜数十個ですが、直近のブロックは、数百のパーセルで構成されています。

まとめ

ビットマップ理論とフェーズ2は、ビットコインとメタバースを結ぶ新しい概念であり、デジタル不動産を再定義しています。ビットマップはビットコインブロックに個々の所有権を主張するオープンソースの標準であり、メタバースに任意のブロックを統合する可能性があります。具体的には、ビットマップを使って個別のビットコインブロックに名前を刻印し、そのブロックの所有権を示すことができます。また、イベントや体験に結びついたデジタルアセットを作成するのにも利用できます。

ビットマップにより、ビットコインブロックをメタバース内のデジタル不動産に変換することができ、そのブロックはビットコインネットワーク上の取引の一意な記録を表すため、メタバース内での所有権を示す貴重な資産となります。メタバースの拡大に伴い、デジタル不動産の価値は増加すると予想されています。

ビットマップの需要は高まっており、ビットコインコミュニティ内で新しいトレンドとなっています。ビットマップは、ビットコインメタバース内でのデジタル探求や相互作用の拡大を提供する革新的な進化です。

また、ビットマップの世界では、異なるタイプの土地が提供されており、ユーザーはそれぞれ独自の特性を持つ土地を主張することができます。ビットコインブロックにGoogleやMicrosoftなどの大企業の郵便番号などを特集したビットマップの需要も高まっています。

ビットマップを含むビットコインメタバースの進化により、デジタル探求や相互作用の機会が拡大し、メタバースの未来に意義深い影響をもたらすと期待されています。その中でも「Bitcraft」というプロジェクトが際立っており、ビットコインメタバースにおいて可能性を広げるWeb3ゲームプロジェクトです。ビットマップの革新的な進化に興味がある方には、Bitcraftが優れたエントリーポイントとなるでしょう。

コメント

Copied title and URL