BRC-20 $TRACとBITMAPの関係性について

TRAC Bitmap

仮想通貨と暗号資産の世界では、新しいプロトコルやプロジェクトが頻繁に登場しています。その中で注目すべきプロジェクトの一つが、BITMAPとTRACの関係性に焦点を当てます。これらのキーワードについて解説し、それらがどのように相互作用しているかを探ります。

1. BITMAPとは?

BITMAPは、ブロックチェーン技術を基盤とした新しいプロトコルの一環です。このプロトコルは、Proof of Work(POW)とProof of Stake(POS)の組み合わせを採用し、トランザクションの確認時間やメッセージのオーバーヘッドを改善することに焦点を当てています。

2. TRACとは?

TRACは、TAPトークン標準を含むOrdFiを可能にするプロトコルです。TAPはL2チェーンや他の複雑なメカニズムなしで動作し、トランザクションを検証するシンプルなメカニズムである「tapping」を利用しています。TRACは、BRC-20トークンの優れた要素を継承しつつ、分散型エンティティからの独立性を維持することを目指しています。

3. BITMAPとTRACの統合

BITMAPとTRACは、それぞれ独自のプロトコルとして機能しますが、相互に統合されています。具体的には、BITMAPがProof of Workなどでトランザクションを確認し、そのトランザクションがTAPトークンとして扱われることで、暗号資産の新しい次元が生まれます。

4. TAPトークンの特徴

TAPトークンは、外部と内部の2つの部分で構成されています。外部では、BRC-20と同様の仕組みでトークンが取引されます。一方、内部ではトークンのステーキングやスワップなどの機能が提供され、コミュニティ主導のガバナンスによって新しい機能が追加されます。

5. トークンの送信とトークン取引

TAPトークンは、トークン送信やトークン取引といった機能を持っています。これにより、ユーザーは柔軟かつ効率的にトークンを操作することが可能です。内部の機能である「token-send」は、異なるトークンを多くの受信者に一度に送信できる機能を提供しています。

6. トークン取引の仕組み

TAPトークンの内部機能である「token-trade」は、テキストインスクリプションに基づいた取引を可能にします。売り手がトレードを作成し、買い手がそれを埋めることで、効率的かつ透明な取引が実現されます。手数料も導入され、これにより取引に関与する者が報酬を得ることができます。

7. トークン認証とリデンプション

トークン認証は、第三者(権限者)が署名されたリデンプションインスクリプションを独立して発行できるようにする機能です。これにより、ゲーミフィケーション、トークンブリッジ、ステーキング、報酬システムなど、さまざまなカスタムロジックが組み込まれされる可能性があります。トークン認証はzk-rollupsなどとは異なり、シーケンサーやL2メディエーターなどは必要ありません。署名に依存するため、オーセンティシティの追加のレイヤーを提供でき、zk-rollupソリューションと統合することも可能です。

まとめ

この文書とTAPプロトコルのトラッキングは、継続的に更新および改良されています。質問があれば、Discordに参加してください。TAPプロトコルは、BITMAPとTRACを組み合わせた新しいアプローチを提供し、さまざまなブロックチェーン機能を統合することで、分散型ファイナンスの新たな可能性を拓いています。

コメント

Copied title and URL