Bitmap理論Whitepaperの解説|2023年11月版

Bitmap

ビットマップ理論

ビットマップ理論を提唱したブロッカモト氏より新たなビットマップ理論のホワイトペーパーが発出されました。

ビットマップホワイトペーパーの内容は以下です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビットコインのデータとルールセットから派生した空間デジタル領域は、ビットコインの固有の特性を受け継いだ普遍的な持続的な仮想のランドスケープを構成します。
これはデータが複数の角度から解析できるというユニークな能力を利用しています。ビットコインの基本的な基礎層であるビットコインブロックは、取引の集合体として機能します。
ビットマップは、ビットコインブロック、取引、およびビットコインの基本データ構造が空間的に表現できるという単純な理論に基づくコンセンサスのルールセットです。
誰でもOrdinals Theoryに基づいた巨大な普遍的な多次元のキャンバス上にスポットを主張し、デジタルアーティファクトを座標にピン留めすることができます。
ビットマップは、ビットコインの上に置かれた新しいソーシャルコンセンサスレイヤーとして、世界的に採用されつつあります。その性質上、この領域に価値を提供するために世界中からの努力が引き寄せられます。
元の理論はBMP101:Bitcoin Metaverse Protocolと呼ばれ、Bitmapのための現在は廃止されたJSONバージョンを提供しましたが、これは0.bitmapの最終リリースによって置き換えられました。
ビットマップの展開の結果は、最も広く採用されているブロックチェーン上の永続的なWebメタバースで将来にわたり続く、成長し続ける、常緑の活気ある開発者エコノミーを示しています。

アウトライン: これは2023年11月27日(月曜日)から展開される完全なホワイトペーパーのアウトラインです。

ビットマップ理論ホワイトペーパーのアジェンダ

Ⅰイントロダクション
文脈と関連性:ブロックチェーン技術とデジタル空間の交差点。
ビットコインの基本的な役割:ビットマップ理論がビットコインの特性をどのように利用するか。
ビットマップ理論のイノベーション:ビットコインデータをデジタル地形に変換する概念。
手続き生成:ビットマップ理論での定義と適用。
ホワイトペーパーの目的:目標と主要なセクションの概要。
予想される影響:メタバースの将来への潜在的な影響。 閉会の辞と遷移。

II. バックグラウンド
ブロックチェーン技術の進化:歴史的な文脈と発展。
ビットコインメタバースの台頭:ビットコインがデジタルインタラクションを形成した方法。
手続き生成の関連性:デジタルワールドの創造における役割。

III. ビットコインとブロックチェーン技術
ビットコインの技術的な基盤:ブロックチェーン、取引、および台帳システム。
ブロックチェーンの進化:基本的な取引から複雑なデジタルアプリケーションへ。

IV. Ordinals理論
概念と応用:サトシの索引とユニークなデータの銘記。
ビットマップ理論での役割:Ordinals理論がデジタル財産権にどのように影響するか。

V. ビットマップ理論
理論の概要:ビットコインデータをデジタル不動産に変換すること。
ディストリクトおよびパーセル理論:ビットコインブロックと取引の概念化。

VI. ビットマップ理論の技術的実装
データの解釈:ビットコインデータを仮想のランドスケープに変換すること。
Ordinals銘記標準:デジタル不動産の主張の方法論。

VII. ディストリクト理論
定義と機能:ビットコインブロックをディストリクトとして概念化すること。
規則と管理:ディストリクトがビットマップエコシステムでどのように主張され、索引化されるか。

VIII. パーセル理論
定義と機能:取引をパーセルに変換すること。
銘記と管理:パーセリングおよび所有権の確認のための規則。

IX. ビットマップ理論の追加コンポーネント チャンク、パス、およびポータル

ビットマップ理論の詳細内容

ホワイトペーパーの具体的な内容は、毎日更新されていく予定です。随時ご紹介します。

コメント

Copied title and URL