ビットマップの未来(Bitmap)

2022年12月に、Casey RodemerがOrdinal Protocolを作成し、Bitcoinネットワーク上でデータを保存できる能力を提供するという画期的な進展がありました。

このアップグレードにより、さまざまなファイルタイプやフォーマットをビットコインチェーン上に刻印することが可能になりました。

これらは直接Bitcoin Blockchain上の最小の単位であるサトシまたは”Sat”に刻まれ、Satを新しいアセットクラス、つまりOrdinal Artifactに変換しました。 ビットマップはこのアセットクラスに属し、Bitcoin Blockchain上で不変に存在します。

つまり、人間がビットマップまたは他のOrdinalを変更、変更、破損、または破壊することはできないことを意味します。

ビットマップは、Bitoshi Blockamotoとして知られる匿名の人物によって提案されました。(明らかにBitcoinの創造者であるSatoshi Nakamotoのファンである)

彼はBitcoinエコシステム内で識別可能なパターンを認識することができました。 Blockamotoは、採掘された各ブロックが地区・パーセルであり、ブロック内の各トランザクションがその地区内の土地の一部である分散型メタバースを想像しました。これがビットマップ理論とプロトコルの提案の基盤でした。

ビットマップは、Bitcoin Blockchain上で直接採掘された既存のデータブロックの表現です。これらのブロックは実際のトランザクションを参照し、各トランザクションは情報とハッシュのストリングで満たされ、タイムスタンプが押されて安全に保管されています。

Bitcoinは、単なる価値の保管と取引台帳を超えて進化し、世界が知っている中で最も分散化され、安全で強固なデータベースに変わりつつあります。

これは一般に利用可能で、ピアツーピアネットワークによって維持され、ブロックスペースのワンタイムストレージ料金がかかります。 .bitmapは独自の生命を持ち始めています。

ここで重要なのは、公式の「Bitmap Project」は存在しないということです。

公式のロードマップもありません。 公式のリーダー、チーム、または開発企業もありません。 これは奇妙に感じられるかもしれませんが、これらの事実だけがBitmapを非常に特別なものにしています。

Bitmapはオープンソースであり、できるだけ分散化されています。それは単なる提案されたアイデアであり、成長する信者の集まりによって有機的に発展しています。現在、その数は24,739人です。これは無視できない数です。

ビットマップの最近のマイルストーンは、かつての個別のホルダーのリーダーであるSandboxのポジションを逆転させたことです。なぜこのデータが特別なのか?

ビットマップは歴史的なタイムラインと見なすことができるBitcoin上のブロックです。リアルタイムのトランザクションの詳細と永続的なデータのストリングから構成されています。 これらのブロックのデータは、Bitcoin Coreのライブメインネットフィードから直接引き出され、解析されます。

各正方形はトランザクションであり、それぞれが独自のユニークな非任意リソースのストリングを持っています。 個別および集団として、開発者はビットマップを、フルスタックのアプリケーションを作成する際の基本の基盤として扱うことができます。

共通かつ静的な基本レベルを共有することで、これらのアプリは相互運用性を持ち、異なるメタバースのユーティリティに包括的になります。

これにより、ユーザーはメタバースの異なる世界を探索しながら、自分の資産とアイデンティティを自己保持する可能性があります。 これはスケーラブルである可能性がありますか? Bitcoinのブロックスペースは限られているのではありませんか?

これらのアプリケーションは、それ自体がブロックチェーン上に存在する必要はありませんが、存在するかもしれません。 Web2およびオンラインゲームは、簡単にビットマップを利用してコンテンツ、手順的に生成された世界、さらにはリソースを生成することができます。

開発者が標準プロトコルを適用し、ビットマップのデータを基盤として利用するだけで十分です。 ビットマップ自体は小さくてシンプルなテキストファイルです。

所有権の追跡と関連するブロックデータのソーシングに使用されます。 これらのアセットはOrdinal理論とプロトコルに従っており、「最初が最初で、永遠に」です。言い換えれば、最初のインスタンスのみが公式のビットマップとして認識およびインデックス化されます。これは複製または偽造することはできません。

.bitmapプロトコルの追加のルールは、採掘されたブロックのみがビットマップになれるというものです。 Bitcoinではブロックは平均して10分ごとに採掘されます。

これにより緩やかなインフレモデルが可能になります。 現在、Bitcoinの始まりから採掘されたブロックは816387個あります。14年後にはその倍になります。 総供給が過剰であると感じる場合は、考慮してください。平均して1つのビットマップが1万人に1つあります。これらのアセットを分散型のグローバルメタバースの基盤と考えるならば、実際にはかなり希少です。

ビットマップは単一のゲームやアプリケーションに使用されるために構想されたわけではありません。それはすべてのゲームとアプリケーションの基盤であることを意味します。

歴史は繰り返されます

インターネットが発祥以来何十年もの間、社会はそれを笑いました。今日、通常のアクセス権を持っている人が1日中それを使用しない日は難しいでしょう。

また、オンラインプレゼンスを持たない主要なブランドを見つけることも挑戦です。 インターネットの発展は、メタバースの今後の発展を予測する最善の比較対象となるでしょう。ただし、今回はおそらくより積極的に採用および開発されるでしょう。 これをよく考えてください。

私たちはすでにそれが論理的にどのように進行するかを知っています。 インターネットは標準プロトコルの採用によって大量採用されました。 「標準プロトコル」はルールセットの普遍的な適用を指します。 最も良く使われる例はTCP/IP(IPアドレス)です。 それがなければ、おそらくこの記事を見つけたり、ソーシャルメディアプラットフォームで共有したりしなかったでしょう(ヒントヒント)。 TCP/IPのような標準プロトコルはインターネットを可能にします。 メタバースもそのような標準の開発を必要とするのは論理的なことです。

メタバースを再起動する時間です

メタバースという言葉はほぼクリンジーな段階に達しています。そしてその理由は十分に理解できます。 これまでの数回の試みは、リスクと報酬のバランスを考えると、中央集権化された開発企業、ベンチャーキャピタリストに支えられた数十億ドル規模の組織によって行われてきました。 これまでのメタバースの各バージョンは、その形状、サイズ、およびエコシステム内のすべてのアセットが個々のビジョンとアジェンダに基づいて恣意的に割り当てられています。 将来、メタバースがどのように使用されるか/できるか/すべきかについての個々のビジョンとアジェンダに基づいています。

これは驚くべきことではありません。 メタバースの開発は、製造コストと保守コストの面で次のレベルですでに数十億ドルが割り当てられています。そしてこれは始まりに過ぎません。 リスク対リターンは?単に言えば、その努力は報われる価値があります。

世界がまだ見ていない最も期待される技術の市場価値は驚異的です。 メタバースは2030年までに数兆ドルの評価額に達する可能性があります。 それはただの大きなビデオゲームではないかと思うかもしれませんが、その評価はまったく不合理ではありません。

メタバースは複数の高額産業を含む可能性があります。 ボード全体のセクターはメタバースのケーキの一部を欲しがるでしょう。 これには既存のセクターだけでなく、まだ発見されていないセクターも含まれます。 開発されるであろうべきものは多岐にわたり、以下は(特定の順序ではない)オープンソースの分散型メタバースから利益を得る可能性のあるいくつかの産業の例です。

  • 教育
  • 製造業
  • 都市計画、開発、およびインフラ
  • 危機予防
  • 労働者トレーニング
  • ヘルスケア
  • エンターテインメント
  • スポーツ
  • 旅行と観光
  • 不動産
  • 小売業
  • ゲーム
  • マーケティング
  • ソーシャルメディア
  • Eコマース
  • 金融サービス
  • 資産取引/DeFi
  • AI

このリストは続きます。好き嫌いは関係ありませんが、メタバースは私たちの生活のあり方を根本的に変える可能性があります。これは今までの社会で見られたような革新的な例の一つで、スマートフォン、インターネット、コンピュータ、自動車、電気、印刷機などと並んでいます。

さらに深く掘り下げて、.bitmapの最も興奮すべきかつ実現されていない側面の一つを紹介します。それがデジタルマターセオリー(DMT)と非任意トークン(NAT)です。

Digital Matter Theory(DMT)はThe Blockrunner Podcastのチームによって考案されました。これはビットマップコミュニティの中心的な要素です。The BlockRunnerはメタバースの提唱者であり、開発者としてその始まりから関与しています。彼らは私自身の情報源であり、次のエピソードをいつも楽しみにしています。彼らにはすでにアクセスしていない場合は、ぜひ試してみてください。

Digital Matter Theoryは、.bitmapがメタバース内の世界、コンテンツ、そしてリソースを手続き的に生成するために使用できると提案しています。これはランダムな数値ジェネレーターではなく、開発者やチームによる任意の決定ではなく、ブロックデータ内の異なるパターンを識別することによって行われます。

素晴らしい例がMinecraftです。私たちはみなMinecraftについて知っています。探索すると世界がランダムに生成されるように見えることを知っています。発見するコンテンツは実際にはランダムな数値生成によってアルゴリズム的に決定されます。では、代わりにブロックからデータを使用してこれらのことを決定したらどうでしょうか?例を想像してみましょう:

ビットマップのトランザクション数がパラメータを決定するとしましょう。トランザクションごとの手数料額が高さと深さを決定するとしましょう。 トランザクションハッシュストリングを検索すると、5が他のどの数字よりも頻繁に出てくるという結果になりました。 5が砂漠のバイオームを生成するように設定されていたとしましょう。 ハッシュストリングには「abc」と「123」の発生も含まれており、これによりゲームはそのバイオーム内に鉄と金を生成するように指示されます。 これはDigital Matter Theoryが動作する例です。この選択と分布のプロセスは任意ではありません。 つまり、砂漠であるかどうか、また金があるかどうか、いくつ金があるかは開発者が決定したわけではなく、過去にBitcoinを使用したランダムな人々によって作成されたブロック内のデータによって決定されました。

さらに拡大してみましょう。 これらのリソースが元素の周期表のように多様で、.bitmap全体に広がっていたとしたらどうでしょうか。 これらのリソースがMMOスタイルのサバイバルゲーム内のすべてのものを作るのに使用されたとしたらどうでしょうか? ウランが必要なスーパーウェポンや車両があるかもしれません。 ウランが発生するのは非常にまれで、採掘が難しいと仮定してみましょう。 これらのリソースを非任意トークン(NAT)と呼びましょう。そして、それぞれが独自のNATエコシステムを持つ何百ものアクティブなゲームがあります。これらすべてにあなたのbitmapでアクセスできます。 将来、誰が知っていますか? あなたの孫が家族のbitmapボルトからNATを抽出する方法を教えているかもしれません。

コメント

Copied title and URL