Bitmap

Bitmapの購入場所と購入方法

Bitmap(ビットマップ)が手に入る場所 仮想通貨や暗号資産の流通が拡大する中、新たなデジタルトレードのトレンドとして「Bitmap(ビットマップ)」が注目を集めています。Bitmapは、メタバース内での取引が可能な暗号資産であり...
未分類

BRC-20とは?|Bitcoinの新たな冒険

キーワード:BRC-20、Bitcoin、Taproot、Ordinals、仮想通貨 概要 BRC-20はBitcoinブロックチェーン上の交換可能なトークンの実験的な標準です。 TaprootとOrdinalsプロト...
XEN

XENIUM|$XNM

概要: XENIUMは、独自のPoWおよびPoSアーキテクチャを通じてブロックチェーンのコンセンサスを革新しています。この簡潔な分析では、XENIUMのArgon2アルゴリズムの展開、エネルギー使用の影響、ネットワークセキュリティ、および...
Bitmap

BRC-20 $TRACとBITMAPの関係性について

BITMAPのコミュニティで台頭する予定のTRACについて記載しました。
未分類

XENBLOCKとは?

この論文は、Proof of Work(POW)とProof of Stake(POS)のハイブリッドマージに基づく革新的なブロックチェーンアーキテクチャを提案しています。焦点は、メッセージのオーバーヘッドを改善し、非同期のノンブ...
Bitmap

メタバースの新たな可能性を切り拓く仮想通貨の舞台裏[BITMAP]

近年、仮想通貨という言葉はますます私たちの日常に浸透し、その技術革新が進む中で、新たなキーワードが登場しています。その中でも、「BITMAP」と「メタバース」は、未来のデジタル経済を塗り替える可能性を秘めていると言えるでしょう。 ま...
未分類

”SAND BOX” VS ”BITMAP”|2大巨頭の戦いの末

仮想空間の進化に伴い、大手メタバースプラットフォーム「SANDBOX」と新興メタバース「BITMAP」が注目を浴びています。それぞれの特徴や進化、そして現在進行形の動向に焦点を当て、未来のメタバースがどのように変わっていくのかを考察してみ...
Bitmap

BITMAP/ビットマップATH|今後の収益化について

ビットマップが仮想通貨バブルでATHをこうしんし続けています。今後の見通しついて記載してます。
未分類

日本の暗号資産保有者インサイト

日本の暗号通貨所有者は何人いますか? 現在、日本の総人口の4.0%にあたる500万人以上の人々が暗号通貨を所有していると推定されています。 日本の暗号通貨市場のセンチメント 日本は暗号通貨革命の最前線にあり、規制環境が好意的...
Bitmap

Bitmapホルダー2.3万人突破

Bimapホルダーが純増 bitcoinのメタバース基盤であるbitmap、わずか5ヶ月程でホルダーが2.3万人を突破。 これはメタバースの巨塔であるSANDBOXのホルダー数に匹敵する。 今後のbitmap ...
Copied title and URL